白髪染めでセルフヘッドスパ??

白髪染めでセルフヘッドスパ??

白髪と頭皮を同時にケアできたら、そんな嬉しいことはありませんよね。

 

白髪染めって本当に頭皮や髪を酷使している気がしてすごくいやでしたが、レフィーネの「ヘッドスパ トリートメントカラー」に出会ってから人生変わりました!!

 

 

レフィーネ ヘッドスパ

 

>> レフィーネ ヘッドスパをもっと詳しく

 

 

ネットで、染めながらヘッドスパができ頭皮にも良いと記載されているのをみて半信半疑で購入したのですが、これが本当に良かった!

 

みなさんにもおすすめです。

 

(こちらは、生え始めや量の少ない白髪用、もしくはトリートメントとしての使用として考えた方が良いかもしれないです。全体的に真っ白になってしまった方はしっかりカラー剤で染めてから、こちらを日常的に使っていく、といった方法がよさそうです。)

 

シャンプー前の乾いた髪に塗布するのがポイント。

 

トリートメントといっても、ぬれた髪やシャンプーの後に使用する訳ではないので注意が必要です。

 

その後15分ほど置いていつも通り洗髪するというだけなので、本当に手軽に白髪ケアが出来ます。

 

手袋しなくても使えますし、毎日のお風呂時間に一手間プラスするだけという手軽さがすごくいいです。

 

キラキラ浮いてきてしまった白髪を隠したり、ほんのりと色付けする程度の効果であれば充分にありますし、何と言っても頭皮に優しいのがすごく嬉しいです。

 

髪質も、使い始めからすごくサラサラになったように思います。

 

毎日の白髪ケアにプラスしてみていただきたい商品です!

 

 

レフィーネヘッドスパの秘密

 


>> 白髪染めと一緒に頭皮マッサージ!レフィーネの詳細・お申込みはこちら


関連ページ

ビゲン泡タイプのクリーミーフォームは時間が経っても白髪が目立ちにくい!
時間が経っても白髪が浮きにくいのはビゲン「クリーミーフォーム」。価格も安く、ツンとする匂いもなく、泡タイプで手軽に白髪染めができるという点でかなりおすすめの白髪染めです。染めた後は髪がキシキシするので、トリートメントを使いましょう。
男性は男性用のヘアカラー「サクセス ステップカラー」がおすすめ
男性は男性用のヘアカラーで染めることをおすすめします。髪質も男女では全然違いますし、男性用に研究されている商品でしっかり染めた方が良いと思います。サクセスから出ている「ステップカラー」です。
地毛が茶色い人の白髪染めに革命!
地毛が茶色い人の白髪染めにおすすめなのが、ブローネの「シャイニングカラー」シリーズです。実際にキレイに白髪を染められる上に明るい仕上がりになりますので、地毛が明るめの人以外にも、暗いだけの白髪染めが嫌だった方にもおすすめです。
生え際用の一時的白髪隠しは手早くササッと!
生え際の白髪には、その日だけの生え際隠しアイテムを持っていると、急なお出かけや用事の時に対応出来るのでおすすめです。色が何種類かあって選べて、ムース状にでてくるので生え際の白髪であれば本当に数秒で隠すことが出来ます。
何度も使える白髪染め、サロンドプロの「無香料ヘアカラー早染めクリーム」
サロンドプロの「無香料ヘアカラー 早染めクリーム」は何度でも使える経済的な白髪染めです。1度生え際に使って、残った分は次回染める時まで取っておけますのでコスパもよく、しかもあの白髪染め特有のツンとした嫌なにおいを抑えてくれているんです。
トリートメントだから髪が痛まない!使ってみて白髪が良く染まったのは「ルプルプ」でした
ルプルプの白髪用ヘアカラートリートメントは、実際使ってみたところ、本当に良く白髪が染まりました。香りも普通のトリートメント剤と変わりません。天然成分配合で頭皮や髪の毛へのダメージがほぼないのも驚きです。使い続けないとすぐ白髪がでてきてしまうのが唯一の悩みです。
ラサーナの白髪染めでサラサラヘアに!色落ちもしにくく、髪が痛まない!
ラサーナの白髪染めの形状は泡タイプで、素人さんにも簡単に染められるように工夫されています。色の入りなのですが、思っていたよりは暗めで良い感じの色に仕上がります。そして洗い上がりの髪がすっごくサラサラになり、まるでトリートメントをした後のような手触りで、病み付きになりそうです!!
セルフカラーにおすすめの市販の白髪染めランキング
白髪のセルフカラーリングは、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。自宅で髪を洗った後にトリートメント感覚でできる市販の白髪染めを使いましょう。髪や頭皮が傷まない天然成分を使った白髪染めならば、根元や生え際も安心して染めることができます。